サービス

ビル

開業するまでには様々な条件が重要であり、開業エリア及び立地選定から資金調達までバランスよく計画を推進する必要があります。

開業を希望される医師の皆様には大きな問題かと思います。 私共は各分野のコンサルティングスタッフとの連携により総合プロデュースをし、皆様を成功へと導きます。

開業までの主な事前調査項目
開業エリアの選択 基本要素 1 標傍科目調査
2 対象患者層調査
3 診療規模調査
経営要素 1 診療圏設定
2 診療圏人口調査
3 競合医院の状況調査
4来院、通院アクセス調査
収支予測 1 総予算の把握
2 資金計画
3 資金調達

上記の調査内容に基いて物件のご紹介をいたします。

システムの選択方法


システムの選択には大きく分けて次の4つが考えられます。
医師の方々のご要望や標傍科目等の分析をおこない、最良のご計画を提出いたします。

システム 特 徴 (長所短所)
オーダーリース方式
(オリジナル方式)
土地を売りたくないが、活用をしたい土地オーナーとのタイアップ方式。
土地オーナーが建物を建築し、ドクターが長期間借り受ける方式です。
将来、土地オーナーとの交渉により買取りが可能な場合もあります。
コストを抑えて開業するには一番良い方法です。 小額の自己資金での開業が可能です。
私共が開発しましたオリジナル方式です。
テナントビル方式 駅前とか、人通りの多い場所で駐車場が確保できる場所が望ましい。
内装費、保証金等の投資金額がオーダーリース方式の2倍程度です。
医療モール、医療ビルの御提案もいたします。
定期借地権方式 土地を定期借地権で借りるため土地ローン返済がありません。保証金、地代の負担があり、また建築費のローン返済の負担も大きくなります。
定期借地権期間満了後に更地返還をするため解体費用、もしくは買取り費用が必要となってきます。
立地的には比較的良い場所を交渉できます。
土地購入方式 資金調達の問題や多額の資金が必要となり、収支予測に大きく影響します。
自己資金に余裕のある方も自宅併用医院の場合は、この方法が良いでしょう。

※地主交渉はグループ会社の(有)メディックス、(有)内田企画が行います。